症例報告012 : R.S.の場合

2016年5月、脊椎側わん症の集中治療の症例です。患者はS字型の脊椎変形で、右上部に10度の湾曲と左下部に17.5度の湾曲が特徴でした。特筆すべきは、左の股関節が右と比較して4度高かったことであり、足の長さに影響がありました。 Ri.S.の主な症状には、背部痛、不均衡な肩、脊椎の回転、および腰部の突出が含まれており、これらの症状は脊椎側わん症に関連し、不快感や動きの制限を引き起こす可能性があります。これらの問題に対処するために、2週間の集中ケアを中心とした治療計画が策定されました。...

症例報告011 : S.R.の場合

S.R.は14歳の女性で、背部痛、右側にずれた首、左右で高さが違う肩を訴えており、レントゲンを診た結果、上部の曲がりが10度で、下部の曲がりが8度であることが判りました。さらに、左の股関節が右側よりも5度高いことも分かりました。彼女の治療には、筋肉の強化、運動、脊椎牽引が含まれています。 2週間の集中的な治療の結果、S.R.は脊柱の曲がりが両側とも0度に改善し、痛みが大幅に軽減されました。これは、成長期の側弯症を理解し、効果的な治療がされたので結果が素晴らしいものになりました。...

症例報告010 : M.K.の場合

2017年3月、脊椎側わん症に関連した痛みの症例が確認されました。患者であるM.K.は、15歳の女性で、右側のくぼみ曲線が49度、左側のくぼみ曲線が30度のS字型脊椎側わん症を持っています。右の股関節が左よりも2度高くなっており、この事も脊椎側わん症に関連した痛みを引き起こしています。 M.K.は、痛みを軽減し、脊椎の湾曲を修正することを目的とした2週間の脊椎側わん症集中ケア治療を受けました。この治療は、脊椎の構造と機能的な側面に対処するために焦点を当てたセラピーを含んでいます。...

症例報告009 : H.K.の場合

2013年9月に、12歳の少女であるH.K.の脊椎側わん症へのアプローチが始まりました。彼女は脊椎側わん症による背中の痛みやめまいに苦しんでいました。彼女は上部が45度、下部が25度のS字型脊椎側わん症でした。さらに、彼女の右の股関節が左よりも5度高くなっており、これも脊椎側わん症に関連した痛みを引き起こしていました...

症例報告008 : F.M.の場合

2017年3月に行われた症例では、63歳の女性患者であるF.M.が報告した症状について説明します。患者は、長時間の歩行や立ち上がりに疲れやすさ、背中の痛み、手足の冷え、片側に傾いた姿勢、脊椎の回転、肩の高さのアンバランス、そして首の痛みを訴えていました。 初回の診断で、F.M.の左側よりも右の股関節が10度高いことが明らかになりました。X線解析によると、34度の下位左C字型脊椎側わん症が見られました。これらが影響し、患者の日常生活には痛みや不快感を与えていました。...